> 技術紹介

住宅で太陽光発電の導入メリット


売電より“自家消費”???

住宅で省エネの必要性は皆さん感じています (ただし今は人力頼り・・・なんですね)

 ソーラーパネルメーカーが太陽光発電に関するアンケート調査を行った結果が発表されて
いました。その詳細の一部ですが、家計で最も気になる固定費は電気代で、増減が気にな
る固定費項目のトップにもなっていました。光熱費と呼ばれる項目の中でやはり電気代は
一番気になる存在なんですね。

1-アンケートQ1・Q2













では一番気になる電気代ですが、何れかの削減対策をする気のあるご家庭が 9割以上にな
っていて、そのための具体策は「こまめに電気を消す」がトップに上がっていました。こ
れは確実な対策ですが、やや前時代的な気も? IOTの時代としては、最近の「見える化」
を有効活用して効率の良い節電に繋げる、という回答があるのかと思いました。

2-アンケートQ4















上記の削減対策として、思ったよりも順位が低い項目だったのが、5位の「太陽光パネル
を導入する」で 21.7%になっていました。意外に期待されていないのでしょうか? 実は
そんな事は無くて、設置することについての印象では、「月々の電気代が安くなる」「災
害時の電源」「家庭内で使用する電力を賄える」など、電気代に対する対策としても、効
果が期待出来る設備という認識が上位を占めているようです。 印象は良いけれど、実際
に設置する事については?

3-アンケートQ5













では実際に太陽光パネルを設置した場合に、どのようなメリットがあると考えているのか、
と言う質問では「発電した電力の自家消費」「売電」「災害時の非常電源」が上位にあげ
られていました。とにかく売電という考えから、基本は皆さん自家消費を考えている方向
へシフトされてきているようです。

4-アンケートQ6















色々なシチュエーションで役に立ち(と皆さん思っています)、さらに自家消費を含めて
省エネにも最適で役に立ち・・・じゃあ何故設置が進まないのでしょうか? この部分に
答えたアンケート結果がありました。 以下 「どんな理由で太陽光発電をするのか?」
を参照願います。

 

どんな理由で太陽光発電をするのか?

太陽光パネルの設置を検討してもらうためには

5-アンケートQ7




















役に立つとはいっても、タダで設置できる訳ではありません。どの様なきっかけがあれば
設置を検討するのでしょうか? これがやはり費用がポイントで、「少ない初期費用」と
「パネルの価格の安さ」で半数以上を占めています。3位が「短い期間での初期投資回収」
で、判断はネットショッピングと同じです。他と比較して安いもの、なおかつ掛った費用
が早く回収できる(高機能な)設備なら検討してみたい、という感じでしょうか。基本は
インターネットの情報社会対応で、ネット検索して検討!?

こうなると品物の情報発信もネット中心へシフトが必要???

改正FIT法以降の太陽光発電で重要なポイントは、コストと自家消費への流れと言う事
のようです。

 

詳しくはデンセンのHEMSスタジオで!