> 技術紹介

HEMSで簡単にスマートメーターを利用する


電力の使用量を HEMS 単独 でマネジメント!

もちろんスマートメーターは必須なのですが・・・
電力メーターがスマートメーターに交換済みのお宅であれば、 HEMS を組み合わせて利用
していただくだけで電力の使用量などをチェックし、マネジメントすることができます。省エ
ネ活動も、但し書きの“人力”になりますが可能です、だってマネジメント出来るんだから当た
り前ですよね。 一昔前は「見える化」無しで感覚的に省エネ(節電ですね)活動をしていた
訳ですから、 HEMS を単独でも利用したマネジメントは「見える化」で効果的ですよ、何
しろポイントが見えるんですから。

一気に「 HEMS で最適コントロール」はまだ早いと感じている方も、スマートメーター化さ
れたらぜひお試しください。

HEMSで簡単スマートメーターと連携-1

















HEMS 単体でスマートメーターへ直接に接続して情報サービスを受けられるタイプになりま
す。使用するモニターはいろいろで、専用品や汎用品(スマホ・タブレットなど)で対応する
タイプ、 HEMS 本体と一体になった物などいろいろ。コスト重視で現在接続できるモニター
が有れば? それと組み合わせてなど、色々な選択の仕方もあると思います。

HEMSで簡単スマートメーターと連携-2















USBドングル( USBを利用したI/F変換をする小型の装置)を利用する方式で、 HEMS
と組み合わせたホームゲートウェイなどの受信設備に装着しスマートメーターと接続します。
どちらかと言うと汎用性が高くコストは低いのですが、システムの選択が難しいかもしれませ
ん。 ベテラン向き?


もちろん太陽光発電量もマネジメント

太陽光発電の売電をしている場合は?

スマートメーターの基本は同一メーターで売電/買電を計測出来ることなので、当然表示するこ
とも出来る訳です。メーカーによっては HEMS 1台で4台までスマートメーターを登録出来
るものも販売されています。便利ですよ。

電力会社のエネレポートを見なくても自宅などで直読出来ます。

スマートメーターとカテエネレポート
















電力会社のHPでサービスの場合、ログインが必要ですが、自宅の HEMS ならワンタッチで
見ることができます。もちろん売電も HEMS で直読です。

 

詳しくはデンセンのHEMSスタジオで!