HOME企業情報

企業情報

代表挨拶

代表取締役会長 若林邦彦 写真

平素より格段の御引立てを賜り、心より厚く御礼を申し上げます。

弊社は、昭和20年に創業し、御陰様で平成27年に70周年を迎える事が出来ました。今日まで御支え頂いた御取引先様各位に心からの感謝と御礼を申し上げます。

私どもは創業以来、電設資材そして制御機器を主力として、電気に関わる様々な商品を販売させていただくと同時に、お得意様の業界のソリューションプロバイダーとしての役割を心がけ、相応しい組織と社員の教育と研鑽を継続して参りました。大変に僭越な申し上げ方に成るかと存じますが、私どもが扱わせていただいております商品は、長期的にお使いに成るものが殆どでございまして、購入時の価格も大切な要因ではございますが、それ以上に購入後の維持や信頼性が非常に大きな位置を占める商品が大半でございます。
 売り上げを求めて目先の価値に視点を置くのでなく、本当の意味でお客様の利益と安心を提供させて頂く事が、何より優先されなければ、本当の意味での御信頼と、永いお付き合いをさせて頂く価値ある企業としてお認め頂けないと考えております。御客様にとって質の高いサービスを継続するには、経営の安定と社員のモラルの維持のための良質な職場の環境が求められます。

今後も近道を求めず、地道に研鑽を重ね皆様に欠くべからざる会社として、更なる御引き立てを賜れる、体制の維持と向上に努めて参りたいと決心いたしております。何卒倍旧の御引き立てをお願い申し上げます。
 結びの言葉に成りますが、御取引先並びに関係する皆様の益々の御発展と御健勝を祈念申し上げます。

代表取締役会長 若林邦彦

代表取締役社長 若林順平 写真

平素は格段の御引き立てを賜り、心から厚く御礼を申し上げます。

また今日まで当社に対し商品、並びにサービスの御用命を頂き、またお支えいただいたお得意先様、お取引先の皆様に心より感謝と御礼を申し上げます。

我々のお仕事をさせて頂いておりますフィールドである電気工事業界、またそのベースである電力は日々の暮らしの中で益々重要度を増しております。

1945年、終戦直後、祖父であり創業者である若林萬良が電気というエネルギーが今後の世の中に必要不可欠な存在になると確信し、電気に関連した事業を以て世の役に立とうと、電設資材卸売という仕事に大きな可能性を見出し、当社は上田電線電機工業株式会社として産声をあげました。

70年という時を経てなお事業展開させて頂き、また今後も今以上に我々業界が顧客に提供できる先進的な創エネ、省エネ、蓄エネ技術が世界中のエネルギー問題に大きな役割を果たせる事は、創業当時この事業に見出した価値が正しかった証左であり、またその事業が今もなお必要とされている事に対し、改めて今日まで当社の事業の発展にご尽力いただいたすべての皆様に感謝を申し上げる次第であります。 今後も弊社は、創業時の志に基づき、今まで以上にスピーディーに変化していく電力エネルギーを取り巻く環境に常に対応できる体制作りに積極的に取り組んでまいります。

電設資材部門、FAソリューション部門や介護福祉サポート部門に加え、我々のビジネスの大きな柱である太陽光発電を中心とした再生可能エネルギーへの取り組みを、大規模太陽光発電を中心に取り組むエネルギーソリューション部門、住宅用発電システムやHEMSなど、よりエンドユーザーに近い提案に取り組む住宅ソリューション部門への展開へ広げ、更なる顧客ニーズに添える様対応させていただきます。

我々が企業として継続して存立するということは即ち顧客へのお役立ちを提供し続ける事ということであります。今後もしっかりと時流をつかみ、お客様の発展のために継続して寄与できる仕事づくりをめざし、その為に必要な人財、技術、商材の提供に対してこれからも積極果敢に対応してまいります。またそのことをもって業界のみならず地域社会にも必要とされる企業であり続ける事を御約束させて頂き御挨拶とさせていただきます。

これからも株式会社デンセン、並びにデンセングループ各社をよろしくお願い致します。

代表取締役社長 若林順平